読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nishinyの商標・ブランド日記

商標・ブランドの情報です。弁理士の西野吉徳のブログです。

三菱東京UFJ銀行

「東京」が消え「三菱UFJ銀行」に 2017年5月14日の日経と、5月15日の朝日新聞に、来年春にも、「三菱東京UFJ銀行」の社名から「東京」が消え、「三菱UFJ銀行(英語名:MUFG BANK)」となる旨の話が掲載されていました。 社名が「長すぎる」というとの声があ…

日本の特許訴訟

勝訴率は低くないという記事 2017年5月15日の日経に、最高裁が特許権の侵害に対する訴訟統計を見直したという記事がありした。 特許権者が勝つのが、2割と低いという批判があるが、訴訟中の和解を含めると4割勝っているということで、今後は、この和解を含め…

自民党の三宅伸吾参議院議員

「イノベーション促進のための知財司法改革」2017年4月25日の、自民党の三宅しんご参議院議員のホームページに、4月18日付の提言書が出ています。自民党の知財戦略調査会の知財紛争システム検討会(座長 三宅伸吾参議院議員)の提言書です。www.miyakeshingo…

カカオチョコ

大脳皮質増加と学習機能向上 2017年5月12日の朝日新聞の夕刊の記事です。内閣府が「革新的研究開発推進プログラム」(ImPACT)というものをしており、その支援を受けた研究において、科学的データが不十分なまま「カカオ成分の多いチョコレートを食べると脳…

ケイト・スペード

コーチが2700億円で買収 2017年5月9日の日経の夕刊に、バックのコーチがケイト・スペードを、2700億円で買収するという記事がありました。敵対的買収ではなく、両社の取締役会で全会一致で合意したとのことです。 コーチのCEOは、「ケイト・スペードは特にミ…

Kaneboのブランド

欧州でKANEBOブランドを投入 2017年5月9日の日経に、カネボウ化粧品の記事がありました。「KANEBO」ブランドを欧州とロシアで投入とありました。 www.nikkei.com 新しいKANEBOブランドは、スキンケアを中心とした商品で、すでに、昨年2016年から、国内でも投…

サマンサ田端

「フランク三浦」の二の舞にならないように Yahooニュースで、栗原弁理士の記事を読みました。サマンサタバサが、「サマンサタバタ 」を出願したようです。パロディ商品の「サマンサ田端」というバックが売られており、パロディ商品を止めるかどうかは別とし…

楽天トラベル

ラブホテル掲載 5月4日の朝日新聞の記事にあったニュースです。 楽天トラベルが6月下旬にも、ラブホテルの情報掲載を始めるということです。 訪日外国人客の増加で、都市部を中心にホテルが不足していることに対応するため、サイト内に専用コーナーをつくる…

読みました

最後の秘境 東京藝大 最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常 作者: 二宮敦人 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/09/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (9件) を見る 横浜の図書館で借りて読みました。非常に読みやすい本…

外国商標を特許事務所に依頼する意味(4)

ライバル では、外国商標で特許事務所のライバルになっているのは、どのようなところでしょうか? 企業形態で、外国商標出願をやっている会社が幾つかあります。これらの会社は、スピード、IT化などを武器にしています。 国内商標出願の代理は、弁理士法によ…

外国商標を特許事務所に依頼する意味(3)

米国出願強化とマドプロ活用 ちょっと、トリビアのような話ですが、特許と全く異なり、企業では、ハウスマークを除いて、アメリカへの商標出願が積極的ではないと感じています。 理由は、いろいろあります。 アメリカにコモンローの権利があり、これで十分で…

外国商標を特許事務所に依頼する意味(2)

バックアップ 特許の年金管理と商標の更新管理は、一見、似ています。どちらもミスをしたら、おしまいです。企業内の話ですが、年金納付のミスがあったときなど、知財の部長さんが、事業部に謝りに行かれるのではないでしょうか。 しかし、年金と更新は、時…

外国商標を特許事務所に依頼する意味(1)

卸売機能原理 国内出願は、自社でやっている会社が多いように思います。最近は、弁理士も多くなり、企業勤務の人も多いですし、国内商標の出願件数が多い会社は、自社で商標担当を抱えていることも一般的です。 しかし、外国商標となると、大手の特許事務所…

イーグルスの曲の商標権侵害?

ホテル・カリフォルニア 2017年5月4日(木)の日経に、人気ロックグループの「イーグルス」のヒット曲である「ホテル・カリフォルニア」のモデルであるかのように営業しているのは、商標権侵害であるとして、ホテルに損害賠償を求める訴えが、カリフォルニア…

日本弁理士会の会長のお話し

弁理士に何ができるか? 2017年5月1日(月)の日経に、弁理士会会長の渡辺敬介さんの談話記事がありました。最近、国内(特許)出願件数が減少傾向になり、「知財の活力が低下している」という課題認識のもと、「知的財産を創造し、保護し、活用するサイクル…

タタとドコモの賠償問題 

1300億円の損害賠償金 2017年4月29日(土)の朝日新聞にインドの財閥のタタと、NTTドコモ間の提携解消をめぐる争いのが決着しそうだという記事がありました。記載内容は、次のようなものです。 www.asahi.com ドコモとタタが提携していたが、3年前にインド撤…

横浜元町

「Knot」の時計を買いに行きました 2017年4月26日の朝日新聞に、「Knot(ノット)」の時計が紹介されていたので、同社のホームページを見ていたら自分でも欲しくなり、昨日妻と、横浜元町のお店に買いに行きました。関内から中華街を通って元町に行…

時差ビズ?

「COOLBIZ」にちなんで 2017年4月29日(土)の日経に、東京都が首都圏の通勤ラッシュの緩和を目指して、7月11日~25日に、官民あげて時差出勤を実施するときの、ネーミングが紹介されていました。 ネーミングは「時差ビズ」です。小池百合子知事が12…

読んだマンガ、読んだ本、見た映画

上を下へのジレッタ 家族が関ジャニ∞ファンなのですが、その関ジャニ∞の横山クンがお芝居に出るというので、子供が原作の漫画を買ってきました。先に読んで良いということでしたので、読ましてもらいました。文庫本サイズの漫画は、文字が小さく読みにくかっ…

行ってきました

初N響(N響ゴールデンクラシック) 昨日、今年のゴールデンウィークのメインイベントとして、妻と二人で、上野公園の東京文化会館大ホールのNHK交響楽団のコンサートに行ってきました。曲目は、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調と交響曲第5番ホ短…

国家公務員の女性比率

総合職は最高、全体では微減 2017年4月28日の日経夕刊と、翌29日の朝日新聞に、国家刻印の2017年度の採用者の数が出ています。 www.nikkei.com www.asahi.com 二つの記事から、数字を挙げると次のようになります。 キャリア官僚となる国家公務員総合職の2017…

特許の裁定制度

標準必須特許の裁定制度 2017年4月27日(金)の日経と朝日新聞に、政府の知的財産戦略本部が5月にまとめる知的財産推進計画2017の中で、標準必須特許のライセンス料について、裁定制度を導入という話がありました。2018年の通常国会に提出するとのことです。…

LVMHのオーナー家

ディオールを完全子会社化 2017年4月26日(水)の日経に記事からです。 LVMH(モエヘネシー・ルイヴィトン)を支配するアルノー家のグループ会社が、クリスチャン・ディオール社を100%子会社にするというニュースです。従来から、74%あったものを、100%に…

五輪マスコットの公募

5月中旬に要項発表 2017年4月25日(火)の日経に、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会のマスコット選考検討会議が24日にあり、応募要項を5月中旬に発表することを決めたという記事がありました。 www.nikkei.com tokyo2020.jp プロアマを問わず広くデ…

特許庁 審査にAIを活用

商標の審査で、AIをどう使べきか 2017年4月24日(月)の日経の記事です。特許審査にAIを活用する方針という話です。 www.nikkei.com 特許の新規性の引用例の検索作業や、特許出願の分類作業、図形商標の画像認識での引用例の検索作業で、AIを活用するという…

東京都で時間差通勤

東京都と企業が連携して7月に実施 2017年4月22日(土)の日経の記事からです。首都圏の通勤ラッシュ緩和を目指し、7月に東京都で、企業を巻き込んだ時差通勤の試みがあります。夏休み前の2週間、大手企業と官庁などが時差通勤を実施します。 朝の混雑が7時~…

新しい裁定制度(ADR)

知財法制の一括見直し 2017年4月20日(木)の日経にで、知財法制の一括見直しの記事がありました。基本的には、IOTやビックデータの時代に「データ」を知財としてどう扱うかの話です。 www.nikkei.com その中で、パテントトロール対策で、トロールに訴えられ…

パナソニックの外部人材登用

樋口泰行氏が社内カンパニーの社長に 2017年4月21日(金)の日経に、松下電器を飛び出し、アップル、ダイエー社長、日本マイクロソフト社長を務めた樋口さんが、パナソニックの社内カンパニーのコネクティッドソリューションズ社の社長(会社としては専務役…

司法修習生に支給

月13万5000円を支給 2017年4月19日(水)の日経(夕)に、司法修習生に月額13万5000円を支給した法改正案が成立したという記事がありました。 毎月13万5000円の支援金が支給されるようです。 以前は、月20万円が支給されていたようですが、2011年に廃止され…

スマホ広告の拡大

昨年は6400億円で(4年で8倍に) 2017年4月17日(月)の日経に、2016年の日本のスマホ広告の市場規模の記事がありました。サイバー・コミュニケーションズとD2Cの調査で、スマホ向けが6476億円で前年比30%の伸びで、2012年からの4年で8倍に伸びています。 …

AIで同時通訳

オリンピック・パラリンピックまでに実用化 2017年4月17日(月)の日経夕刊に、政府が人口知能(AI)を使った同時通訳システムを2020年の五輪・パラリンピックまでに実用化する計画であるという記事がありました。 www.nikkei.com ディープラーニング(深層学…

ベンチャーと法務・知財人材

ベンチャーが伸びるためには 2017年4月17日(月)の日経に、「法務人材 VB飛躍の支え」という記事がありました。 www.nikkei.com ①アプリを使った送金や、②遠隔診断サービスや、③フリマアプリ(メルカリ)などのベンチャーで、法務人材が非常に重要な役割を…

案内用マーク(ピクトグラム)

温泉マーク他を追加 2017年4月15日(土)の日経と朝日新聞に、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、外国人観光客に分かりやすい案内記号の追加策が決まったようです。 今回は、コンビニ、自販機、スマホの充電コーナーなどが追加されたようで…

人口の東京集中

大阪が人口減 2017年4月15日(土)の日経に、総務省の2016年10月時点の人口推計の記事がありました。記事がポイントとしているのは3点でした。 www.nikkei.com <外国人労働者> 外国人の純流入が13.6万人で過去最大の人数で、純増は2013年から4年間続いてい…

民法改正

今国会で成立へ 2017年4月14日(金)の日経夕刊に民法改正法案が、今国会で成立するという記事が載っていました。 債権部分の抜本改正は民法制定以来、約120年ぶりとなるとのことで、判例で定着したルールを法律化するようです。 ポイントは、次の内容です。…

東芝のテレビ事業

VESTEL(トルコ)に売却? 2017年年4月9日(日)の日経によると、東芝がテレビ事業をトルコ家電王手のVESTELなどの複数の会社と売却交渉をしているという記事がありました。 今回のTVの売却金額は最大で数百億円の規模ということです。 すでに白物家電は中国…

海外マスコミの日本語サイト

BBCがお薦めです 2017年4月8日(土)の朝日新聞に英BBC、米WSJ、ロイターなどが、日本語サイトを続々解説しているというニュースがありました。 BBCの場合、英語で配信するニュースの中から1日10本ほどを、翻訳して配信しています。 ホーム - BBCニュース 英…

BizCom体験レッスン

That is no guarantee of success.先週水曜日に以前の会社の後輩2名と飲み会がありました。話題が英語の勉強法(スキルアップ)の話になり、そのとき、一人の後輩に紹介された英語学校が、BizComです。早速、金曜日の夕方に体験授業に行ってきました(1000円…

権利のための闘争

商標登録異議申立の勧め よくいわれているのは、日本人など農耕民族は権利をコツコツと取得するのが好きで、一方、欧米人などの狩猟民族はコツコツ権利を取るよりも侵害訴訟で権利行使してとか、異議申立とか、争うのが好きという国民性の違いに基づく違いが…

グローバル商標を創る過程で

同意書と共存契約書グローバル商標を作る過程では、余程、独自の長い名称でもない限り、他人の商標との抵触ということが必ず出てきます。 特に良い名前であればあるほど、誰かが先行して使っているので、必ず引っかかります。 そこで諦めると、グローバルで…

外国商標 出願国の考え方

どの国・地域まで出願すべきか? 以前、ハウスマークの外国商標の出願に関して、「商品・サービス」のことを書きましたが、今回は、国・地域を考えてみたいと思います。 現在、商標登録制度のある国・地域は200ほどありますので、民生品なら、200カ国・地域…

広告出稿

インターネットがTVを抜く 2017年4月7日の日経に、世界の広告市場として、媒体別広告費で、インターネットがテレビを抜く予測だということがニュースになっていました。 英調査会社のゼニスオプティメディアの調査で、ネット広告費は前年比13%増の2050億ド…

「バルス」って?

「フランフラン」に社名変更 2017年4月4日の日経新聞に、インテリア雑貨店「フランフラン」を運営するバルスが、9月1日付で社名を「フランフラン」に変更するというニュースがありました。 知名度の高い店名と社名を統一することで、さらなるブランド力の向…

アディーレ法律事務所の宣伝

3弁護士会が懲戒審査を決議2017年4月4日の朝日新聞に、アディーレ法律事務所の宣伝についての記事がありました。不適切広告について、消費者庁から景品表示法違反で措置命令を受けた問題に関して、東京弁護士会など3つの弁護士会が、同事務所と所属弁護士に…

商標の普通名称化の防止(その2)

普通名称化の防止活動は「低調」? 商標が普通名称化するという状態は、画期的な新製品(まったく新しいカテゴリー)の商品を売っているということですので、企業にとっては非常に良いことです。営業やマーケティングの専門家などは、固有名詞、代名詞となる…

商標の普通名称化の防止(その1)

商標を形容詞的に用いる? 事務所で薦められて、「米国商標法・その理論と実務」(創英知的財産研究所著、Holland & Hart協力、経済産業調査会)を読みました。ざっと米国商標法の復習をするのに役立ちます。その中で、「商標の普通名称化を防ぐための具体的…

法人数と所得総額

法人所得総額が過去最大の57兆円 2017年3月31日の日経の夕刊に出ていた小さな記事です。国税庁の発表で、2015年度の法人の所得金額は、57兆円2354億円(前年度6%アップ)で、過去最大だったようです。 コメント 特に、どうということはないのですが、数字が…

ABCマート

景品表示法違反で、再発防止などの措置命令 2017年3月29日の日経と朝日新聞で、ABCマートが靴のチラシで、不当表示をしたとして、景品表示法違反で、再発防止などを求める措置命令を受けたという記事がありました。 記事によると、「HAWIKINS」などの4つのブ…

森永製菓・森永乳業

経営統合を見送り 2017年3月31日の日経に、森永2社が経営統合を見送るというニュースが出ていました。2月末に経営統合を検討中というニュースが流れ、株式市場も好感して、株価も上がっていたようですが、何があったんでしょうか。 記事によると、両社とも業…

米・マクドナルド

台湾の子会社売却 2017年3月29日の日経に、アメリカのマクドナルドが、台湾子会社の株式を売却するというニュースがありました。売り先は、台湾のホテル大手の総経理の個人の会社ということです。 headlines.yahoo.co.jp 中央社フォーカス台湾のYahoo Japan…