Nishinyの商標・ブランド日記

商標・ブランドの情報です。弁理士の西野吉徳のブログです。

面白いと思ったニュース

公認日本語教師

国家資格創設 2020年2月14日の日経に、文化庁が2020年度以降に「公認日本語教師」という国家資格を創設するという記事がありました。 「公認日本語教師」国家資格創設へ 外国人増加に対応 :日本経済新聞 文化庁が外国人に日本語を教える「公認日本語教師」(…

国立博物館の値上げ

稼ぐ文化 2020年2月16日の朝日新聞で、国立博物館が平常展の料金を値上げするという記事を見ました。 (4月からの平常展観覧料) 東京国立博物館:(一般)620円→1000円(大学生)410円→500円 京都、奈良国立博物館:(一般)520円→700円(大学生)260円→350…

マルタのパスポート販売

寄付と不動産購入(賃貸)が条件 2020年2月15日の朝日新聞夕刊で、マルタが外国人に市民権を与えるプログラムを実施し、一定の成果を挙げているという記事を見ました。 内容は、 外国人に特別に市民権を与える「個人投資家プログラム」。別名「ゴールデンパ…

「送料無料」と「送料込み」の違い

言い換えで問題解決? 2020年2月14日のIT Mediaで、楽天の三木谷社長が、問題になっている「送料無料」という言葉を、「送料込み」に変更するという話を読みました。 楽天、「送料無料問題」で方針転換? それでも強気「公取は分かっていない」「影響あるの…

キャラクターの名称変更

ヒロアカの改造人間を生む医師 2020年2月4日の朝日新聞夕刊で、人気少年漫画のキャラクターの名前に批判が寄せられ、作者が名前を差し控ええる意向を明らかにしたという記事がありました。 週刊少年ジャンプの「僕のヒーローアカデミア」 改造人間を生み出す…

BREXITと二重国籍

英国民がEU域内で国籍を取得する動き 2020年1月31日の朝日新聞で、BREXITの影響で従来はEU域内であれば自由に渡航できた英国民が自由に移動できなくにりなり、対策としてEU域内の別の国の国籍や旅券を取得する動きが加速しているという記事を見ました。 英国…

クラウドサイン

四半期で31万件の契約送信。6万社超が利用 2020年1月29日の日経で、弁護士ドットコムのクラウドサインが不動産や金融が使用して、6万社超が利用するプラットフォームになっているという記事がありました。 弁護士ドットコム、電子契約で先行 賃貸借や受発注…

インハウス弁護士の増加

10年前の7倍(2418人) 2020年1月27日の日経夕刊の「ニュースぷらす」にインハウス弁護士の増加という記事がありました。 弁護士の仕事なぜ多様化? 会社・役所・学校も舞台に|出世ナビ|NIKKEI STYLE 日本の弁護士数は4万人。10年前の1.6倍。法科大学院で…

アメリカのインフルエンザ

全米で1500万人、死者8200人以上 2020年1月31日のCNNの記事で、アメリカでインフルエンザが猛威を振るっており、感染者数が1500万人で死者が8200人という記事を読みました。 CNN.co.jp : 全米で1500万人が感染、死者8千人超 過小評価されがちなインフル…

商標拳のビデオ

本当の理由は? 特許庁のサイトで、「商標拳」というビデオを流しています。 【無双おじさん】「商標拳」 ~ビジネスを守る奥義~ |経済産業省 特許庁 YouTubeやSNSで拡散することを狙ったビデオです。 「商標権」は、模倣品対策の役に立っている有用な権利…

ローマ字で名前を書く順番

これからどうなるか 2020年1月7日の朝日新聞で、ローマ字で名前を書く順番についてのQ&A形式のまとめ記事がありました。 政府は1月から公文書に日本人の名前をローマ字で書くときは、名字が先で、名前が後に 中国、韓国、ベトナム、ハンガリーも名字が先 言…

納期短縮

ミスミの「デジタルものづくり」 2020年1月23日の日経に、部品商社のミスミの納期が、昔は2週間かかっていたものが3日になり、売上も4年間で6割増収になっているという記事がありました。 ミスミ、AIで納期革命 加工見積もりを自動化 :日本経済新聞 板金や金…

監査法人の10年ルール

開示している上場企業では、7割が10年超 2020年1月19日の日経で、監査法人を10年以上変えていない会社が、継続年数を開示した企業の中では7割になっているという記事があります。 最長は、味の素で68年、次に三井不動産58年などです。 監査法人、10年超継続…

コーンフレーク

ケロッグとシスコーン 2019年のM₋1グランプリのチャンピョンに、お笑いコンビのミルク・ボーイが優勝しました。ネタは「コーンフレーク」です。 これに関して、日本ケロッグがコーンフレーク1年分を贈呈すると発表があり、日清シスコも追随するかどうかとい…

越境消費者センター

国民生活センターの機関 2019年12月10日の朝日新聞に、国民生活センターの「越境消費者センター」の記事がありました。 インターネットで、海外サイトを利用する人からの相談が増えているという記事です。 内容は、 2018年度の相談件数は、6257件 半数は、解…

PISAの調査結果

デジタル読解力 2019年12月23日の朝日新聞に、PISAの「読解力」の調査結果の分析が出ています。 PISAとは、OECDが行うもので、3年毎に15歳(高校1年生)を対象に行う学習度達成調査をいい(2018年は79ヵ国・地域が参加)、読解力、数学的リテラシー、化学リ…

今年の漢字(2019)

新元号の「令」 2019年12月13日の日経新聞で、「今年の漢字」が令和の「令」に決まったという記事を見ました。 今年の漢字、新元号の令 :日本経済新聞 日本漢字能力検定協会が発表 清水寺で森清範貫主が揮毫 今年の漢字は25回目 昨年は、自然災害の多発から…

飛び恥

ジェット機、電動飛行機、プロペラ機 2019年12月2日の日経に「飛び恥」の話が出ています。 「飛び恥」地球を救えるか 航空のCO2、新たな課題 :日本経済新聞 KLMオランダ航空が「責任ある航行」というビデオを制作 「飛行機の代わりに電車で移動することはで…

三省堂の「今年の新語2019」

辞書の視点で選ぶと 2019年12月5日のIT Media ビジネスオンラインの記事で、三省堂の「今年の新語2019」の記事を読みました。 今年の新語、大賞は「−ペイ」 トップ10入りしたビジネス関連語は? - ITmedia ビジネスオンライン 大賞:-ペイ 2位:にわか 3位…

日経MJ2019年ヒット商品番付

ラグビーWカップとキャッシュレスが横綱 2019年12月4日の日経に、今年の日経MJのヒット商品番付が出ていました。 https://r.nikkei.com/article/DGKKZO52889080T01C19A2EA2000 東/西 横綱 ラグビーW杯/キャッシュレス 大関 令和/タピオカ 関脇 天気の子/…

クールビズの一律見直し

環境省の方針変更 2019年11月28日の日経に、環境省が「クールビズ」「ウォームビズ」の実施期間や室温を一律に設定するのを止める方針という記事がありました。 クール・ウォームビズ、期間や室温柔軟に 環境省 :日本経済新聞 その理由は、 取り組みが定着 …

子供の名前ランキング

男の子は「蓮」、女の子は「凛」が人気 2019年11月30日の朝日新聞に、明治安田生命保険が発表した、2019年の子供の名前ランキングが出ています。 (男の子) 1.蓮(れん) 2.陽翔(はると) 3.新(あらた) 4.湊(みなと) 4.蒼(あおい) 4.律…

大学ブランド力調査

少し比較をしてみると 2019年11月27日の日経に大学ブランド力調査の一都三県の結果が出ていました。 大学ブランド力、早稲田が慶応抜き2位に 首位は東大 :日本経済新聞 日経BPコンサルティングの「大学ブランド・イメージ調査 2019-2020」の調査結果です。 …

公文書の「,」の見直し

そんなルールがあったとは 2019年11月18日の産経新聞(THE SANKEI NEWS)で、公文書の「,」(コンマ)の話を読みました。 公文書の「,」なぜ? 半世紀以上、見直し検討 - 産経ニュース 公文書の読点は、「,」(コンマ)が使われている 一方、民間では広く…

「ローマ教皇」に変更

「ローマ法王」から 2019年11月21日の朝日新聞に、政府がローマ・カトリック教会のフランシスコ法王の来日に合わせて、呼称を「ローマ法王」から「ローマ教皇」に変更するという発表したという記事がありました。 カトリック関係者をはじめ一般に「教皇」を…

HPとゼロックス

買収提案は拒否 富士フィルムとの合弁を解消した米ゼロックスですが、今度は、HPを買収するという動きがあると話題になっています。 2019年11月7日の日経夕刊では、ゼロックスは富士ゼロックスの株式売却(25%の持ち分)で得た資金(約23億ドル)をM&Aに充…

富士フィルムのゼロックスとの合弁契約解消

2021年に商標契約、2025年に製品供給契約更改 2019年11月6日の日経に出ていた、富士フィルムがゼロックスとの合弁契約を解消して、富士ゼロックスの株式を買い取るという話を読んでいます。 富士フイルム、「稼ぎ頭」富士ゼロックス取り込む :日本経済新聞 …

Collinsの流行語大賞(その他の言葉)

英国での話題が分かるかも 昨日の続きなのですが、CollinsのWord of the yearです。大賞はClimate Strike(気候ストライキ)ですが、10個のショートリストが掲載されています。 https://www.collinsdictionary.com/word-lovers-blog/new/collins-word-of-the…

コリンズの流行語大賞

今年は「climate strike(気候ストライキ)」 2019年11月8日の日経(夕刊)で、英国のハーパー・コリンズの英英辞典「コリンズ」編集部が、今年の流行語大賞に「気候スト」を選んだという記事がありました。 流行語大賞に「気候スト」 英辞書、使用頻度100倍…

はらぺこあおむし

知的財産権の売却 2019年11月7日の日経に、「はらぺこあおむし」の絵本作家、エリック・カールさん(90歳)が、知的財産権を出版社に売却するという記事がありました。 人気絵本の知財売却 「はらぺこあおむし」作者 :日本経済新聞 売却先は、米出版大手のペ…