Nishinyの商標・ブランド日記

商標・ブランドの情報です。弁理士の西野吉徳のブログです。

面白いと思ったニュース

広告と個人の発言

香港リスク 2019年10月14日の朝日新聞に、最近の香港の取扱いが中国市場においてはリスクになっているという記事がありました。 事例としては、 ヴェルサーチェ、ジバンシィ、コーチがTシャツなどのデザインを巡り中国で謝罪 NBAヒューストン・ロケッツのGM…

オンライン法人登記と印鑑

IT担当大臣が「はんこ議連」の会長で話題 2019年10月9日の朝日新聞に、オンライン法人登記に印鑑も活用できるという記事がありました。 現在の法人登記で印鑑の届け出は義務 そのため法人代表者が、印鑑を持参、郵送して登記所へ届ける必要 政府は起業を促す…

フリマアプリの盗品販売

全国万引犯罪防止機構の情報提供 2019年9月30日の日経に、フリマアプリでの盗品販売に対して、全国万引き犯罪防止機構が情報提供を行って、警察に通報し、窃盗容疑者の逮捕に至ったという記事がありました。 フリマアプリ執念の監視、万引き犯を摘発 :日本経…

「新」表示はいつまで可能か?

業界毎に規定 2019年10月4日の日経夕刊に、新製品、新発売、新型など、「新」の表示はいつまで可能なのか?という記事がありました。 (くらしスクープ)新商品・新発売・新型…「新」表示いつまで? 菓子・飲料には規定なし 家電1年、二輪車は半年 :日本経済…

情報セキュリティと模倣品

利用された企業の関与度の相違 2019年9月26日の朝日新聞夕刊に、ドコモ、佐川、日本郵政を語るショートメールメッセージサービス(SMS)が不特定多数の人に送られ、IDやパスワードを盗もうとする案件についての記事がありました。 NTTドコモのdアカウントの…

弁理士という職業のPR

このぐらいやらないと覚えてもらえない 2019年9月26日のORICON MUSICにあった、古坂大魔王と大原優乃が弁理士の仕事を伝える「ダサかっこいい」楽曲を作ったという記事を読みました。 古坂大魔王と大原優乃が新ユニット結成! 弁理士の仕事を伝える“ダサかっ…

AI翻訳 法律分野などで先行

ロゼッタ 2019年9月27日の日経で、AI翻訳がプロの領域に迫っているという話がありました。 AI翻訳、医療・法律で先行 深層学習で早まる進化 :日本経済新聞 独自の用語が多く、論理が分かりやすい医療や法律などの専門分野が先行 ディープラーニングを翻訳に…

民事裁判を半年で審理

訴状や準備書面のWeb提出が前提 2019年9月4日の日経に、民事裁判の審理を半年以内で追える新制度の導入の記事がありました。 予め争点を絞り込んで、短期間で終らせる。7月に最高裁が新制度の原案を提示 原告が新制度の利用を申立て、被告が同意した場合、原…

法曹離れ

司法試験1502名合格 2019年9月11日の日経に、今年度の司法試験の合格者発表についての記事が出ていました。 司法試験1502人合格 政府目標は上回る :日本経済新聞 日経の記事によると、 1502人が合格。4年連続合格者減 政府の目標の1500人以上は上回った 合格…

リーガルテック

契約リスク判定(ジーヴァテックのアイコンなど) 2019年9月2日の日経に、リーガルテックが個人に照準を合わせてきているという話がありました。 法務×テック、個人に照準 契約書分析や残業代推計 :日本経済新聞 リーガルテックを展開する会社が、事業の照準…

日本の観光競争力

前回調査と同じく4位 2019年9月5日の朝日新聞と日経に、世界各国の旅行・観光競争力ランキングが載っていました。2つの新聞からの情報としては、 発表しているのは、世界経済フォーラム(WEF)。ダボス会議の主催者 観光は、世界のGDPの10%以上を占める産業…

未来技術遺産(2019)

Gショック、ポータブルCDなどが登録 2019年9月4日の朝日新聞に、今年度の未来技術遺産が選定されたという記事がありました。 国立博物館が、重要科学技術史資料(未来技術遺産)に、新たに26件を選定 ニコンの「ニコンF」 カシオ計算機の「Gショック」 ソニ…

氏名のローマ字表記

公文書などで「姓・名」に 2019年9月7日の日経によると、日本人の氏名のローマ字表記について、政府の方針が決まったようです。 ローマ字表記「姓→名」順に 日本人名、政府文書で :日本経済新聞 9月6日に柴山文部科学大臣が、政府が作る公文書などでは原則と…

ソニーとオリンパス

資本提携解消 2019年8月31日の日経に、ソニーとオリンパスの業務提携が解消したという記事がありました。 オリンパスにもファンドの影 ソニーと資本提携解消 財務回復、株主の目意識 :日本経済新聞 ソニーは、保有するオリンパス株すべてを売却 投資ファンド…

脱プラ運動

日経の解説記事 2019年8月19日の日経夕刊に、「なぜ今、脱プラ運動?」という記事がありました。 (ニッキィの大疑問)なぜ今、脱プラ運動? 海洋流出5兆個を問題視 :日本経済新聞 海洋プラスチックの研究は10年ほど前から 人工衛星や船による観測データが集…

株主第一の見直し

ビジネスラウンドテーブル 2019年8月20日の日経夕刊に米経済界が株主第一を見直し、従業員配慮などを宣言したという記事がありました。 米経済界「株主第一主義」見直し 従業員配慮を宣言 :日本経済新聞 米主要企業の経営者団体のビジネス・ラウンドテーブル…

暗号資産 リブラ(Libra)

まずは勉強 2019年8月17日の朝日新聞にFaceBookが中心となって進めている、リブラの解説記事がありました。 スイスのジュネーブにリブラ協会。同協会がリブラを発行 ブロックチェーン技術を採用。取引履歴を記録し、データ間違いがないかチェック 利用者は、…

副業の上限規制

これからもめそう(しかし、個人事業主は別) 2019年8月9日の朝日新聞で、副業の上限規制の話が出ていました。 今年4月から、残業時間の上限規制が開始 副業や兼業の場合、過労を防ぐために、合計労働時間が残業の上限を超えると、本業先、副業先のいずれの…

教科書がUDフォントに

正答数アップ 2019年8月7日の朝日新聞の夕刊の一面で、UDフォントの紹介があり、小学生を対象にした試験でで正答数がアップし、来年度から教科書に採用されるという記事ありました。 UDデジタル教科書体(モリサワ)など、UDフォントは読みやすい 人により、…

法廷通訳

刑事裁判で不足 2019年7月28日の朝日新聞で、法廷通訳の話が出ていました。記事本文は誤訳を理由に最高裁まで争っているケースを紹介していますが、その下に、法廷通訳の現状が解説されていました。 在留外国人は、273万人 訪日外国人は、3119万人 外国人が…

ローマ字の歴史

日本語を学ぶ外国人が考案 2019年7月29日の朝日新聞に、ローマ字の歴史の記事が出ていました。 ローマ字とは、ローマ人の使ったラテン語に由来するアルファベット パソコン入力でも活用 戦国時代の宣教師が、当時の日本語を学ぶために、平家物語やイソップ(…

氏名のローマ字表記

オリンピックを契機に。自治体に動き 2019年8月3日の日経(夕刊)に、氏名のローマ字表記についての記事がありました。 ローマ字表記「姓→名」に? 自治体に変更の動き 企業は様子見多く :日本経済新聞 一部の自治体では、名刺などの表記変更へ 企業は、様子…

大阪梅田駅

阪急、阪神が名称変更 2019年8月3日の東洋経済ONLINEに、梅田駅が「大阪梅田」に改称するという記事がありました。 10月から、阪急と阪神が「大阪梅田」に改称 1910年から「梅田」だが、2013年から阪急阪神グループで検討 アナウンスでは、1980年代から「大…

短命議員の言葉遣い

国会議事録の分析から 2019年7月29日の朝日新聞(夕刊)に、短命議員の言葉遣いの特徴という記事がありました。 国会の議事録を分析 1期で消えていく国会議員は、丁寧な言葉遣いが少ない。損得勘定の表現が多い 小沢チルドレンの「教えていただきたい」「教…

山田太郎と山本太郎

静岡・富士宮選管が取り間違え 2019年7月23日の毎日新聞の電子版で、静岡県富士宮市の選挙管理委員会が、参院選で、自民党の山田太郎氏の全515票を一文字違いのれいわ新選組代表の山本太郎氏に誤って算入していたと発表したという記事がありました。 山田太…

高齢者世帯平均2003万円

奈良、北陸などが上位 2019年7月14日の日経に、総務省が全国消費実態調査から割り出した、65歳以上の高齢者世帯の金融資産が、全国平均が2003万円という記事があり、その都道府県のランキングが出ていました。 高齢世帯の金融資産、平均2003万円 奈良・石川…

バンダイのこどもアンケート

こどもの習い事に関する意識調査 2019年7月8日の日経夕刊に、バンダイの実施したこどもアンケートの結果が載っていました。 習い事1番人気は水泳 4位は英語、バンダイ調査 :日本経済新聞 水泳 41.0% 学習塾 27.0% ピアノ 24.9% 英会話 22.0% 習字 13.9%…

年金の考え方

そもそもの設計思想 2018年7月18日の朝日新聞に、歴史的なところから説明してくれている、年金制度の考え方の説明がありました。そうなのかと、思う内容です。 公的年金は、1889年、ドイツのビスマルクが作った制度 医療保険、労働災害保険、公的年金がセッ…

移転価格税制

こう説明するのか 2019年7月19日の日経にで、移転価格税制の説明を見ました。「知ってナットク!企業と税金」の3回目です。 www.nikkei.com 国境をまたぐグループ内の取引について、税金を取り漏らさぬよう各国の当局が目を光らせている 100万円の車を、海外…

KFCの軽減税率対応

店内・持ち帰り同額へ 2019年7月20日の日経に、KFCが、消費税増税に伴う軽減税率の導入後も、持ち帰りと店内飲食の税込み価格をそろえると発表したとありました。 日本KFC、軽減税率導入後も店内・持ち帰り同額 :日本経済新聞 10月から持ち帰りは8%、店内飲…