読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nishinyの商標・ブランド日記

商標・ブランドの情報です。弁理士の西野吉徳のブログです。

マーク・ザッカーバーグ

新たなビジョンの公表 

2017年2月18日(土)の日経新聞によると、FacebookのCEOのマーク・ザッカーバーグは、Facebookの新たなビジョンを発表したとのことです。

従来のFacebookは、友人や家族をつなぐことに注力してきたが、今後はコミュニティのために社会インフラを築くことに集中する、とのことです。

トランプ大統領の選挙でも偽ニュースが話題になっていたように、SNS上の偽ニュースは大きな問題ですが、Facebookには、この対策の遅れが社会の分断を深めてしまったとの反省があるようです。そして、その対策として、今後のFacebookは、人々の対話や交流、相互扶助を後押しするとのことです。

 

一言コメント

以前の「友人や家族をつなぐ」とか、今後の「コミュニティのために社会インフラを築く」とか、その会社やブランドは、何を目指しているかということを、企業のTOPが、明確な言葉にまとめて、発信するということが、非常にブランド戦略的だなぁと思いました。

SNSも、インスタグラムとか、LinkedInとか、新しいものがどんどん出てきます。Facebookでさえ、時代の最先端ではなく、改善が必要な部分があるのだと思います。

企業のTOPが、その企業やブランドの課題を明確にして、変革を言葉(ビジョンやプロポジション)で表現して、それをTOP自ら社会に発信するという点で、まさに、ブランド戦略のお手本になるような事例と思いました。

日本企業でも、徐々に、ビジョンやプロポジションの重要性は認識されてきていると思いますが、TOPの発信が強いインパクトを持ったニュースとなり、社会に受け入れられるという点では、海外の企業に負けているように思います。個人の知名度や人気という面もあると思いますが、打ち出す事業戦略そのものが、本質的で、大胆なような気がします。

なお、蛇足ですが、マーク・ザッカーバーグについては、ちょっと前の映画で、「ソーシャル・ネットワーク」という映画がありました。関心があればご覧ください。