読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nishinyの商標・ブランド日記

商標・ブランドの情報です。弁理士の西野吉徳のブログです。

ロゴの英語化(2)

エースコック

ロゴの英語化の2つ目です。

ワンタンメンで有名なエースコックのロゴも2015年から変っているようです。

以前のマークは、これでしたよね。子供のころから、個人的にワンタンメンが好きだったので、私にとってもおなじみのマークです。就職のとき、エースコックの会社案内を取りよせた思い出があります。食品のように、日本の風土に根ざした商品は、漢字や仮名がしっくりきます。

f:id:yoshikeke:20170222095415p:plain

現在のマークは、こちらです。

f:id:yoshikeke:20170222095356p:plain

エースコックスペシャルサイト|エースコック株式会社

 

「こぶた」のマークが変りませんので、一目みれば、エースコックと分かります。

 

一言コメント

ニュースリリースを見ると、創業60周年のタイミングで、ロゴの英語化と企業スローガンの制定がされたとのことです。創業何周年というタイミングは、企業の変革の絶好のタイミングでもあり、周年行事の目玉事業として、ブランドロゴやスローガンを変えるには、絶好のタイミングなんだと思います。 目的は、グローバル企業になるためということのようです。

https://www.acecook.co.jp/news/pdf/1501_CI_release.pdf

 

一点、気になったのは、「cook」の部分です。英語で「cook」とあると、どうしても「クック」と読んでしまいます。一方、エースコックは、本当は「cook」を「コック」と読んで欲しいのだと思います。

クックパッドなどの英語表記は、もともとcookpadのようです。エースコックは「コック」という読み方で慣れ親しんでいるので、今更、頭の中が、「エースクック」とはなりません。

社名でもあるエースコックを、エースクックにする必要性はないと思いますが、英語を見ると少し違和感があります。慣れれば、問題なくなるんだと思いますが。 

 

nishiny.hatenablog.com