読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nishinyの商標・ブランド日記

商標・ブランドの情報です。弁理士の西野吉徳のブログです。

「バルス」って?

フランフラン」に社名変更

2017年4月4日の日経新聞に、インテリア雑貨店「フランフラン」を運営するバルスが、9月1日付で社名を「フランフラン」に変更するというニュースがありました。

知名度の高い店名と社名を統一することで、さらなるブランド力の向上をねらうとあります。1号店の出店から、今年で25周年ということです。看板やロゴなどは変える必要がないため、投資は少額ということです。

 

コメント

Francfranc」は、ショッピングセンターなどでよく見ますが、バルスという社名は知りませんでした。バルスのホームページを見ても、他の事業ブランドがありません。上述の新聞によると、同社は高級雑貨店「バルストウキョウ」をやっていたが、不採算事業なので少し前にやめたようです。

www.bals.co.jp

 飲食業界やファッション業界では、多くのブランドを展開している会社が多く、その場合は、社名とブランドはかい離していて当然です。例えば、吉野家ホールディングスが、牛丼の吉野家の他に、はなまるうどん、お寿司の京樽を展開したり、ファーストリテイリングが、ユニクロ、GU、Theoryをブランド展開するような感じです。

バルスのホームページを見ると、展開しているのは、「Fancfanc」ブランドだけでしたので、今回の話は納得できます。

以前、Fancfrancを初めて見たころ、読み方がわからなかったこともあり、外国の企業・ブランドかと思っていました。バルスという社名は聞いたことはあるのですが、たぶん新聞でFancfrancの紹介記事があるときは、大体、社名を書いて紹介することになっているので、そこで見たことがあるぐらいなのでしょうね(ほとんどの場合、新聞は、会社名を書くことになっています)。

ちなみにですが、「バルス」という言葉ですが、金曜ロードショーの「天空の城ラピュタ」で、「バルス!」の呪文を叫ぶときに、皆でこの呪文をツイートしてサーバーをパンクさせるという方のバルスの方が有名だと思います(これが、社名変更の理由ではないと思いますが)。