Nishinyの商標・ブランド日記

商標・ブランドの情報です。弁理士の西野吉徳のブログです。

知財全般(特許や著作権)

グーグル対オラクルの著作権訴訟

アンドロイドとJavaコード 2020年10月9日の日経に、グーグルとオラクル間でアメリカの最高裁において争われている著作権の訴訟の記事がありました。 グーグル対オラクル、著作権大型訴訟が最高裁に IT大手の優位を左右 :日本経済新聞 10年間争われている著作…

電池の特許出願

日本が3分の1 2020年9月23日の日経に電池の特許出願について、日本の電池の特許出願は3分の1という記事がありました。 日本発の電池特許出願、世界の3分の1に 2018年 :日本経済新聞 EPO(欧州特許庁)とIEA(国際エネルギー機関)のまとめ 2018年の電池の出…

特許庁 すべてデジタル申請

500種類をデジタル化 2020年10月3日の日経に、特許庁の申請手続きをすべてデジタル化するという記事がありました。 特許庁の行政手続き、全てデジタル申請可能に :日本経済新聞 梶山弘志経済産業相は2日の記者会見で経済産業省で押印の必要な2000の行政手続…

画像のリツイート

著作者人格権侵害との最高裁判例 2020年7月22日の朝日新聞で、ツイッターに無断投稿された写真をリツイートしたら、ツイッターの使用で自動的にトリミングされ、撮影者の氏名が見えなくなり、著作者の氏名が表示されなくなっていることが、「著作者人格権」…

種苗法の改正

継続審議で、秋の臨時国会に提出の可能性 2020年7月13日の日経のまとめ記事で、種苗法改正の必要性についての記事がありました。 農産品の知財保護なぜ必要? 海外流出が輸出阻害 :日本経済新聞 海外での品種登録の費用を補助する制度が必要 種苗メーカーに…

五輪エンブレムとパロディ

3名の議論の比較 2020年7月14日の朝日新聞に、日本外国特派員協会の五輪エンブレムのパロディをめぐる論点について、3名の識者の議論が紹介されていました。 グレゴリー・スターさん(編集者、会報誌の編集担当): 「著作権侵害にあたる。選手への配慮も欠…

IoT特許の差止請求制限の議論

自動車業界の懸念とドイツの訴訟の行方 2020年7月6日の日経に、IoT特許と差止請求制限という話が出ていました。 IoT特許に訴訟リスク 自動車業界の懸念 特許庁で議論 「差し止め」制限 着地見えず :日本経済新聞 異業種間の交渉 窓口巡り綱引き :日本経済新…

大学発特許のライセンス収入

米国は、1件あたり22倍 2020年6月22日の日経に、日本の大学発特許のライセンス収入が、米国に比べて少なく、また、大学の研究費の民間負担率が低いという話が出ています。 (エコノフォーカス)大学発特許 生かせぬ日本 1件あたりライセンス収入、米は22倍 …

種苗法改正

今国会は見送り? 2020年5月29日の朝日新聞のニュースQ3の欄で、種苗法の改正が議論になっているという記事がありました。 俳優の柴咲コウさんがツイッターで反対意見を発信しているとあります。 シャインマスカットなど、果物の国外流出を防止するための改…

治療薬とワクチンの特許プール

G7で提案 2020年5月25日の朝日新聞デジタルに、安倍首相が6月に開催されるG7で治療薬とワクチンの特許プールを提案するという話が出ています。 これに関連して、2020年5月20日の日経に、WHOがワクチンの特許に制限をかけて安くワクチンを供給することをめざ…

五輪紋章をコロナで風刺

日本外国特派員協会の4月号の表紙 2020年5月16日の朝日新聞夕刊に、日本外国特派員協会の会員向けの月刊誌の4月号の表紙の話題がありました。 東京五輪の大会エンブレムを、新型コロナウイルスに見立て、新型コロナウイルス風に少しデザインを変えたものを表…

官邸や自治体の偽ページ

「.tk」「.ga」「.gq」「.ml」とは 2020年5月13日の朝日新聞の電子版に、官邸や自治体のWebサイトの偽サイトが大量に出ているという話がありました。 少なくとも1千以上のサイト 目的は不明。個人情報や金銭をだまし取る目的の可能性 神戸市が注意喚起のリリ…

特許から情報・データ?

「特許の歴史から学ぶデジタル新時代の知的財産活動」 知財管理の2020年4月号に、上記のタイトルの論説がありました。日立製作所の知的財産本部長で、日本知的財産協会の理事長の戸田裕二さんの論説です。 ヴェネチアから、イギリス、アメリカ、中国といった…

量とコスト

IPランドスケープでの説明 2020年5月4日の日経に「知財量に頼る日本勢ー分析法『IPランドスケープ』で鮮明」という記事がありました。表を見ないと理解しにくいので、表をご確認ください。 知財 量に頼る日本勢 分析法「IPランドスケープ」で鮮明 質やコスト…

新型コロナ対策の知財無償提供

トヨタやキヤノンなど 2020年5月1日の日経の1面に、京大の松田文彦教授の呼びかけに応じ、新型コロナウイルス対策として、トヨタやキヤノンなどが特許を無償開放するという話がありました。 コロナ対策の知財、無償で提供 トヨタやキヤノン、世界に :日本経…

追求権

ブロックチェーンで二次著作、三次著作を把握 2020年4月20日の日経に、ブロックチェーンを使った漫画や動画の紹介がされていました。 ブロックチェーンで権利やランセンス契約の情報を改変されずに記録。二次創作や中古市場で収益還元 中古の電子書籍:TART…

GMOの熊谷会長と日本電産の永守会長

テレワークについて 2020年4月14日の朝日新聞にGMOの熊谷会長兼社長の話がありました。 GMOは国内で感染が拡大する前の1月末に、いち早く在宅勤務を実施 渋谷周辺の中国人観光客から従業員が感染するおそれを察知 システムの準備はあった。また、東日本大震…

フェラーリ250GTOの著作物性

AIPPIの2月号 AIPPI誌の2020年2月号に、イタリアのボローニャ裁判所の専門ビジネス部門(高裁に相当)が、フェラーリ250GTOの著作物性を認めたという、イタリアの欧州商標弁理士・欧州意匠弁理士の論説がありました。 相手方は、Ares Design Modena S.r.lと…

EU意匠の判例

ポルシェとフォルクスワーゲン 2020年2月号の「AIPPI」に、「EU意匠判例法ー自動車産業にとって新たな試練なのか」という論説がありました。筆者はDr. Charistian T. Thomas氏とあります。 内容としては、2つの自動車の意匠の判例を取り上げています。どちら…

新型コロナウイルス薬の特許の議論

途上国の要求と製薬会社への補償 2020年4月16日の日経に、新型コロナウイルス関連で、薬の特許権の制限が議論になっているという記事がありました。 (真相深層)コロナ薬「特許に制限」浮上 途上国など、公共の利益優先求める 製薬会社への補償、議論必要(…

知財契約担当者の育成・教育

知財管理 2020年3月号 2020年3月の知財管理誌に、「知財契約担当者の育成・教育に関する調査研究」という論説がありました。2018年度のライセンス第1委員会の第3小委員会がまとめたものです。 知財の仕事の中に、知財契約担当という仕事があり、AI・IoT・ビ…

フランス競争当局の協議指令

グルーグルと仏メディア 2020年4月11日の日経に、フランスの競争当局が、グーグル(アルファベット)に対して、フランスのメディアと検察サービスで表示する記事の使用料について協議するように命令を出したという記事がありました。 仏当局、グーグルにメデ…

知財侵害の刑事罰

模倣品とそれ以外(「故意」を中心に) 2020年3月号のパテントは、「知的財産と刑事罰」という特集であり、巻頭の論考は弁護士の近藤惠嗣先生の「知的財産侵害に対する刑事罰ー理論と実務ー」でした。 比較的読みやすいですので、是非、現物を読んでもらいた…

国際特許出願の件数

中国が初の首位 2020年4月8日の日経に、国際特許出願の出願件数で、中国が米国を抜いて、初めての首位となったという記事がありました。 国際特許出願、中国が初の首位 米を逆転 (写真=ロイター) :日本経済新聞 全体の出願件数は、5%増の26万5800件で過去…

秘密特許の議論

日本には制度がなく、先進国では少数派 2020年4月3日の日経に「秘密特許の導入」についての記事がありました。 (真相深層)「秘密特許」で抜け穴防げ 安保技術、公開禁止ルール浮上 企業への補償など課題 :日本経済新聞 安全保障上、重要技術情報の国外流出…

ネット授業の著作権

教材の利用に許諾が必要 2020年3月30日の日経に、ネット授業に著作権の壁があり、教材の利用に個別に許諾が必要であり、対応策となる補償金支払い制度はまだ動いていないので、政府による明確な方針が必要という記事がありました。 ネット授業に著作権の壁 …

シャープ 研究開発合理化

特許半減 2020年3月18日の日経にシャープのコスト削減で黒字化は定着してきたが、研究開発費が減って特許出願の数の半減しているという記事がありました。(上)(下)と2つの記事になっていますが、特許やブランドについての記事は(上)の方です。 シャー…

音楽教室の著作権料

日経の分析 2020年3月22日の日経に、音楽教室の著作権使用料についての東京地裁判決とその控訴に至った背景などに関する記事がありました。 (電子版 Selection)「教師のお手本」に著作権料 音楽教室の味方は世論 :日本経済新聞 新聞記者による判例評釈のよ…

海外子会社と移転価格税制の論説

知財管理 2019年12月号 知財管理の2019年12月号に「海外子会社との知財関連取引時の移転価格税制に関する問題の考察」という論考がありましたので読みました。知財協会の2018年度のライセンス第2委員会の第1小委員会のものです。 以前の会社で、子会社に対す…

欧州特許出願3年連続最多

日本企業は2%減 2020年3月13日の日経に、2019年の欧州特許出願についての話題がありました。 欧州特許出願、3年連続最多 昨年、日本勢は2%減 :日本経済新聞 特許出願件数は、18万1406件で3年連続過去最多 5G関連などデジタル通信分野が急拡大 ファーウェイ…