Nishinyの商標・ブランド日記

商標・ブランドの情報です。弁理士の西野吉徳のブログです。

面白いと思ったニュース

「一太郎」のぬれぎぬ問題

「間違い」によるフェイクニュースの一種 2021年4月2日の朝日新聞のニュースQ3のコーナーで、農林水産省の通達と法案ミスに端を発した、ワープロソフトの「一太郎」の使用禁止令についての、一連の顛末をまとめた記事を見ました。

ハラスメント

新しいハラスメントが増えている 2021年4月7日の日経で、部下であっても、加害者になる可能性のあるハラスメントについての記事がありました。

消えたバイヤー

広州交易会 2021年4月16日の日経に、広州交易会の話が出ていました。

パサパサとサクサク

2021年4月1日の朝日新聞に、「ビジネス英語の極意」という特集があり、3名のビジネス英語のプロのお話しが掲載されていました。

Brexitで英大学のEUからの学生が急減

2021年4月7日の日経に、Brexitの影響で、EU諸国から英国留学生が激減(4割減)し、英大学は中国、インドからの留学生に期待しているという記事がありました。

EUと英語

Brexitで公用語の扱いがどうなるか 2021年4月14日の日経(夕刊)で、英国がEUから離脱後、EUで英語をどのように取り扱いかの議論が紹介されていました。

Rights(その4)

事例8「ゆかり」 Rightsの続きです。 知的財産を経営に生かす知財活用事例集「Rights」について | 経済産業省 特許庁 (jpo.go.jp) 赤しそふりかけの「ゆかり」は、今回のRightsの目玉商品ではないかと思います。

キオクシアの買収検討

2021年4月1日の日経に、マイクロン・テクノロジーがキオクシアの買収を検討しているという話がありました。

スティック型掃除機の2つのランキング

2021年4月3日の日経プラス1に、スティック掃除機のランキングが載っていました。同じ2021年4月3日に、MBSのサタデープラスで、スティック掃除機のランキングがあり、同じ日にこちらも見ました。

液晶テレビで東芝ブランドが首位に

2021年3月25日の朝日新聞に、日本のテレビの市場で、東芝ブランドがブランド別のシェアトップとなり、16年間続けたシャープのトップを奪ったとあります。

資本、歴史・伝統、人的つながり?

2021年3月25日の日経で、トヨタといすゞが再び提携という記事を読みました。 「ダイムラーと三菱ふそうトラック・バス」というものが記載されていました。ダイムラーから、三菱ふそうトラック・バスに89.29%の出資とあります。

美白と肌色

2021年3月27日の日経に、花王が順守の多様性議論に配慮し、「美白」という表現を撤廃するという記事がありました。また、2021年3月26日の朝日新聞デジタルで、ファミリーマートがPB商品の女性向け下着を、「ベージュ」から「はだいろ」にしたところ、社員や…

ウーバーの最低賃金保障

2021年3月17日の日経に、英国最高裁判決を受けて、ウーバーは7万人の運転手を労働者として扱うと発表したとあります。

H&Mの新疆産綿花についての声明

中国で批判が集中 2021年3月25日の朝日新聞の夕刊で、中国の新疆ウイグル自治区の人権状況に絡み、同自治区産の綿花を製品に使わないと宣言したスウェーデン企業のH&Mが、中国に批判にあっているとありました。 昨年9月にH&Mは、新疆産の綿花を同社の製品に…

ユニクロのグローバルサステナビリティアンバサダー

緑のドラえもんがユニクロのグローバルサステナビリティアンバサダーに。

シミが消える 化粧品の広告

短期間でシミが消えるというアフィリエイト広告について、消費者庁が注意喚起を行った。

第一生命「大人になったらなりたいもの」アンケート

サラリーマンが第1位の理由に納得 2021年3月18日の朝日新聞で、第一生命の「大人になったらなりたいもの」アンケートの結果を見ました。 第一生命から、この2020年調査についてのニュースリリースが出ています。 2020_102.pdf (dai-ichi-life.co.jp) 小学生…

日経プラス1の和製英語ランキング

クイズで、正しい英語と勘違いした順 2021年の日経プラス1に、ネイティブには通じない和製英語のラインキングが掲載されていました。1000名対象のクイズの結果で、正しい英語と勘違いしている順ということです。 リフォーム・リストアップ…外国人に通じない…

無印良品の生鮮食料品販売

近隣農家の生鮮食品、パンを焼く、日替わり弁当なども 2021年3月5日の日経に、無印良品では、今後、生鮮食品を強化するという話が出ています。 無印良品が生鮮食品: 日本経済新聞 (nikkei.com) 無印良品は、コロナ禍で好業績 アフターコロナも消費志向は変わ…

グーグルの個人の閲覧追跡

プライバシーに配慮しグループ化 2021年3月3日の日経電子版に、グーグルが今後は個人の閲覧履歴を追跡することを段階的に廃止して、数千人をグループ化をして広告を配信する方向であるという話がありました。 Google、ネット広告の制限強化 個人の閲覧追跡さ…

デジタルプラットフォーム取引透明化法

ネット広告を規制対象に追加 2021年2月21日の日経に、政府が2月1日に施行された「デジタルプラットフォーム取引透明化法」の対象にネット広告を規制対象として追加するという記事がありました。 巨大IT取引透明化法、ネット広告も規制対象に 政府が追加検討 …

あきんどスシロー

京樽買収とHD社名変更 2021年2月22日の日経電子版で、スシローグローバルホールディングスが、吉野家ホールディングスから京樽を買収するという記事を読みました。 スシロー、京樽を買収: 日本経済新聞 (nikkei.com) 4月1日付で全株式を取得。買収額は非公表…

メルカリのマーケットプレイスの基本原則

マスクなどの高額転売を受け策定 2021年1月28日の朝日新聞に、メルカリが、コロナ禍でのマスクなどの高額転売に関し、転売ヤーが社会問題化したことを受け、「マーケットプレイスの基本原則」などをまとめたとという記事がありました。 メルカリが、その内容…

SNSの偽アカウント

個人情報詐欺 20201年2月5日の日経に、SNSの偽アカウントにより、個人情報が詐欺で取得されるケースが増加しているという話がありました。 「偽アカ」乱立、悩む小売り SNS上で個人情報詐取: 日本経済新聞 (nikkei.com) 海外では2年前から問題に インスタ偽…

ECモールを規制する新法

商品販売停止、売主身元情報の開示請求、官民協議会設置 2021年3月1日の日経に、ECモール規制新法の紹介がありました。 ネット通販、モールに規制の網 安全な取引へ新法: 日本経済新聞 (nikkei.com) コロナ禍でネット通販は好調。国民生活センターへの相談件…

法律事務所がサイバー攻撃の対象に

大手のセキュリティ対策はこんな感じ 2021年2月22日の日経に、コロナ禍で弁護士の在宅勤務が進み、訴訟が電子化され、法律事務所のセキュリティ対策が進んできているという話が掲載されています。 法律事務所、サイバー攻撃の標的に 大手が対策強化: 日本経…

イオンが中国モデルを逆輸入

ライブ通販や顔認証レジ 2021年2月25日の日経に、イオンが中国子会社からライブ通販や商品バーコード読み取りアプリ、顔認証レジなどを逆輸入しており、最終的にはグループ一体でのデータ活用を目標にしているという記事がありました。 イオン、中国モデル逆…

電子書籍 コミックに集中

人文書や専門書は電子化されず 2021年2月23日の朝日新聞に、大手出版社では電子書籍の売り上げが伸びているが、コミックに偏重しており、コミックを有する大手は電子書籍のメリットを享受しているが、人文書や専門書では、電子化が進んでいないという記事が…

スマホを修理する権利

欧州で議論 2021年2月9日の日経に、欧州議会でスマホを修理する権利を奨励する決議が採択されたとあります。 スマホを「修理する権利」 環境配慮、「長く使う」機運: 日本経済新聞 (nikkei.com) 電子機器の廃棄物が問題視 スマホの利用者が容易に修理できる…

ウーバー運転手は従業員

英国最高裁判決 2021年2月20日ののBBCの日本語版で、ウーバー運転手が、個人事業主ではなく、従業員と認められ、最低賃金や有給休暇が認められる可能性が出てきたという記事を読みました。 英最高裁、ウーバー運転手は「従業員」 最低賃金や有給休暇などの権…