Nishinyの商標・ブランド日記

商標・ブランドの情報です。弁理士の西野吉徳のブログです。

面白いと思ったニュース

SNSの偽アカウント

個人情報詐欺 20201年2月5日の日経に、SNSの偽アカウントにより、個人情報が詐欺で取得されるケースが増加しているという話がありました。 「偽アカ」乱立、悩む小売り SNS上で個人情報詐取: 日本経済新聞 (nikkei.com) 海外では2年前から問題に インスタ偽…

ECモールを規制する新法

商品販売停止、売主身元情報の開示請求、官民協議会設置 2021年3月1日の日経に、ECモール規制新法の紹介がありました。 ネット通販、モールに規制の網 安全な取引へ新法: 日本経済新聞 (nikkei.com) コロナ禍でネット通販は好調。国民生活センターへの相談件…

法律事務所がサイバー攻撃の対象に

大手のセキュリティ対策はこんな感じ 2021年2月22日の日経に、コロナ禍で弁護士の在宅勤務が進み、訴訟が電子化され、法律事務所のセキュリティ対策が進んできているという話が掲載されています。 法律事務所、サイバー攻撃の標的に 大手が対策強化: 日本経…

イオンが中国モデルを逆輸入

ライブ通販や顔認証レジ 2021年2月25日の日経に、イオンが中国子会社からライブ通販や商品バーコード読み取りアプリ、顔認証レジなどを逆輸入しており、最終的にはグループ一体でのデータ活用を目標にしているという記事がありました。 イオン、中国モデル逆…

電子書籍 コミックに集中

人文書や専門書は電子化されず 2021年2月23日の朝日新聞に、大手出版社では電子書籍の売り上げが伸びているが、コミックに偏重しており、コミックを有する大手は電子書籍のメリットを享受しているが、人文書や専門書では、電子化が進んでいないという記事が…

スマホを修理する権利

欧州で議論 2021年2月9日の日経に、欧州議会でスマホを修理する権利を奨励する決議が採択されたとあります。 スマホを「修理する権利」 環境配慮、「長く使う」機運: 日本経済新聞 (nikkei.com) 電子機器の廃棄物が問題視 スマホの利用者が容易に修理できる…

ウーバー運転手は従業員

英国最高裁判決 2021年2月20日ののBBCの日本語版で、ウーバー運転手が、個人事業主ではなく、従業員と認められ、最低賃金や有給休暇が認められる可能性が出てきたという記事を読みました。 英最高裁、ウーバー運転手は「従業員」 最低賃金や有給休暇などの権…

デジタルプラットフォーマーの削除拒否

罰則見送り 2021年1月21日の朝日新聞に、アマゾンや楽天といったデジタルプラットフォーマーが、違法品を出品したときに削除要請に応じない場合、運営事業者への罰則導入を見送ることとしたという記事がありました。 大手に限らず、広範な事業者が対象になる…

予備試験の受験者数宇

これは「予備」なのか? 昨日は、司法試験の法科大学院を卒業した受験者と予備試験を合格した受験者で、予備試験経由の方が、司法試験の合格率が高いという話でしたが、2021年1月21日の朝日新聞では、「司法試験の『抜け道』鮮明に」という見出しになってい…

司法試験の合格者数

2020年は1450人 2021年1月20日の日経電子版に、今年の司法試験の合格者数が1450人であり、政府目標の1500人に届かなかったという記事がありました。 司法試験1450人合格 政府目標「1500人」初めて下回る: 日本経済新聞 (nikkei.com) 2020年の試験は、コロナ…

同時通訳のAI

発言途中から即時処理 2021年1月11日の日経に、情報通信研究機構(NICT)が同時通訳の研究が進んでいるという記事がありました。リアルタイムの同時通訳が2025年に実現する予定とあります。 同時通訳AIを専門家級に、25年実現へ開発加速: 日本経済新聞 (nikk…

アップルカー

ソニーカーやアップルカーが本当に出てくるのか? 2020年12月24日の日経に、テスラがアップルに会社の売却を打診して、拒否された過去があるという話がでています。 アップルに「テスラ売り込み」の過去: 日本経済新聞 (nikkei.com) ロイターが2020年12月21…

年頭所感を読んでみました

特許庁長官と弁理士会会長 特許庁長官と弁理士会会長の2021年の年頭所感を読んでみました。 特許庁長官 糟谷長官 2021年 年頭所感 | 経済産業省 特許庁 (jpo.go.jp) コロナ 2020年の出願件数は特許は減で、意匠・商標は前年並み 企業には、戦略的な出願を要…

国立の大学・研究機関の資金と成果

論文数、特許数を政府が一元把握 2020年12月11日の日経夕刊に、政府が国立の大学や研究機関の資金と成果の関係を分析する基盤をつくり、国立研究機関のDX(デジタルトランスフォーメーション)とするという記事がありました。 研究資金と成果の関係分析 政府…

デザイン思考、デザイン経営

書籍の紹介記事 2020年12月12日の日経に、一橋大学の鷲田祐一教授の「デザイン思考」についての書評が載っています。 経営現場にデザイン思考: 日本経済新聞 (nikkei.com) デザイン思考とは:ユーザーの行動を出発点に潜在的な要望を捉えて新たな価値を生み…

日経優秀製品・サービス賞

最優秀賞、日経産業新聞賞、日経MJ賞ほか 2020年1月4日の日経に、2020年の日経優秀製品・サービス賞が出ています。 (お知らせ)日経優秀製品・サービス賞: 日本経済新聞 (nikkei.com) 生産財 スーパーコンピューター「富岳」(理化学研究所/富士通) 5G対応…

ダーバンのカジュアル化

小泉グループ会長の話 2020年12月9日の朝日新聞に、レナウンからダーバン、スタジオバイダーバン、アクアスキュータムなどのブランドを買収した小泉グループ会長のインタビュー記事がありました。 それによると、 総合スーパーに展開するスタジオバイダーバ…

東京証券取引所の市場再編(名称)

プライム、スタンダード、グロース 2020年12月17日の日経に、東京証券取引所が、2022年4月に市場再編を行い、市場の名称を、プライム、スタンダード、グロースにくくり直すという記事がありました。 東証1部「プライム」に: 日本経済新聞 (nikkei.com) これ…

正月の新聞企業広告

関心を持ったもの 元旦の新聞は、第1部から第5部ぐらいまであります。 その中でも、第1部の新聞広告には特別なものがあります。年賀状を見るように、各企業の新聞広告(ほとんどは1面全面広告)を見るのも、お正月の過ごし方の一つでした。 正月の企業広告を…

ネット通販サイトの違法品

運営業者に削除命令 2020年12月10日の朝日新聞に、ネット上の通販サイトで、危険な商品や違法品の出品者がいた場合、運営業者側に削除を勧告・命令でき、トラブルになった場合、出品者の情報が開示されるという新法ができるありました。 また、サイト運営業…

登録できない氏名商標

記事の通りと思いました 2020年12月24日の日経に、氏名が含まれる商標について、特許庁や知財高裁の運用が厳しく、ブランドの海外展開の足かせになっており、法解釈の余地や条文変更も必要であるという話がでています。 登録できない氏名商標 ブランドの海外…

偽ワクチンの出現

早くも出現 2020年12月22日の日経に、フィナンシャルタイムズの記事として、新型コロナウイルスのワクチンの偽物が販売されているという記事がありました。 対コロナ、つけ込む闇サイト: 日本経済新聞 (nikkei.com) イスラエルのサイバーセキュリティ企業が…

八丁味噌の話

老舗が名乗れなくなる? 2020年12月16日の朝日新聞のニュースQ3のコーナーで、「八丁味噌」というGI(地理的表示)に関する争いの話を読みました。 八丁味噌は、愛知県岡崎市八帖(はっちょう)町で江戸時代から製造 伝統製法の2社(組合あり)は、八帖町に…

五輪協賛

ブランドを考えて 2020年12月12日の日経に、2021年の東京五輪・パラリンピックのスポンサーが契約の延長に動いているという話がありました。 五輪協賛、「ブランド」考慮 各社が契約延長を検討: 日本経済新聞 (nikkei.com) 各社が契約延長の最終調整 業績悪…

知らなかった

雪印の「6P チーズ」は「ロッピーチーズ」だった 別の話を書こうかと思っていたのですが、ブラウザーを開けると、雪印の「6P」チーズは実は「ロッピー」と読むという記事が目につきました。まいどなニュースの2020年12月16日の記事です。 いままで、何も考…

「密」だったか

今年の漢字 2020年12月14日の朝日新聞に、日本漢字能力検定協会の今年の漢字の記事がありました。今年の漢字には、「密」が選ばれ、清水寺の舞台で、森貫主によって発表されたとのことです。 応募数は20万8025票 「密」は最多の2万8401票 理由は、新型コロナ…

ジョブ型とメンバーシップ型

ジョブ型は評価しない(成果主義とはちがう) 2020年12月7日の朝日新聞に、人事制度の考え方として、ジョブ型とメンバーシップ型がり、ジョブ型が脚光を浴びているが、ジョブ型は本来は評価をせず、成果主義とは違うという説明がありました。 ジョブ型という…

2つの用語

エコーチェンバー効果とオープン・ソース・インベスティゲーション 2020年11月25日の日経の大機小機のコーナーの「米メディア 栄華と変質」で、「エコーチェンバー効果」と「オープン・ソース・インベスティゲーション」という言葉を見ました。 米メディア …

朝日新聞の今年の漢字

「禍」が一位 2020年12月6日の朝日新聞に、一年を振えり、今年の漢字を読者に質問した結果が出ています。 1位 禍 144票 2位 忍 43票 3位 耐 39票 4位 密 31票 5位 粛、病 26票 7位 変 19票 8位 疫、籠 18票 10位 家 17票 コメント 年末恒例の、京都の清水寺…

日本ネーミング大賞

「鼻セレブ」に決定 2020年12月2日に、日本ネーミング大賞が発表されています。 日本ネーミング大賞 (j-naming-award.jp) 一般社団法人日本ネーミング協会の実施したものです。 受賞したのは、 ■日本ネーミング大賞: 鼻セレブ ■優秀賞: ガリガリ君 カップ…