読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nishinyの商標・ブランド日記

商標・ブランドの情報です。弁理士の西野吉徳のブログです。

スマホ広告の拡大

昨年は6400億円で(4年で8倍に)

2017年4月17日(月)の日経に、2016年の日本のスマホ広告の市場規模の記事がありました。サイバー・コミュニケーションズとD2Cの調査で、スマホ向けが6476億円で前年比30%の伸びで、2012年からの4年で8倍に伸びています。

一方、パソコン向けは3902億円で7%減です。2015年にパソコンはスマホに抜かれました。

2017年は、さらにスマホ向けが拡大し8010億円となり、パソコン向けは3579億円と8%低下する予測です。www.nikkei.com

 

コメント

日本の広告費は、電通のホームページによると、2016年で6兆2880億円ということですので、約6分の1がネット系で、スマホで約10分の1ですね。

www.dentsu.co.jp

 

日本では、まだTVが多いようですが、そのうちに海外のようにネット系に抜かれるのだと思います。 

nishiny.hatenablog.com

 

ネットの広告は、TVや新聞の広告に比べて、新聞社やテレビ局のチェックもなく、また、多く購読者や視聴者が監視しているものではないので、どうしても言い過ぎも出てきます。広告作成者も、Webデザイナー等になりますので、知識の面で昔の広告パーソン程の経験がない可能性があります。

最近、消費者庁景品表示法違反の措置命令を沢山出していますが、ネット広告の隆盛と関係があるのような気がします。

広告審査は、下手をすると表現の自由との関係が生じますので、自主審査や事後審査が望ましいのだと思います。Web広告主のコンプライアンスのレベルを上げ、Webデザイナーに高い職業意識をもってもらうようにすることが必要だと思います。

一般向け情報/JAROの仕事は?|JARO 日本広告審査機構