Nishinyの商標・ブランド日記

商標・ブランドの情報です。弁理士の西野吉徳のブログです。

「一太郎」のぬれぎぬ問題

「間違い」によるフェイクニュースの一種

2021年4月2日の朝日新聞のニュースQ3のコーナーで、農林水産省の通達と、法案作成ミスに端を発した、ワープロソフトの「一太郎」の使用禁止令についての誤った報道についての、顛末をまとめた記事を見ました。

 

  • フジテレビ系のニュースサイトが、「法案ミスで『一太郎』禁止令?」という見出しの記事を配信
  • 政府内で法案ミスが相次いだ時期
  • 農林水産省が、マイクロソフト「ワード」を使うように省内に通知(3月25日)
  • 通知では、原則として「ワード」を使うこと。ただし、対外的にやむをえない場合を除く(※)
  • ワード使用を求める通知は、2017年12月にも出ている。理由は、一太郎のファイルを開くことができない自治体が多いという意見から
  • ニュースサイトの記事は、「一太郎」の使用が、法案の条文ミスの理由としたが、農林水産省はそれは間違いであるとフジテレビに指摘
  • フジテレビは、記事を修正
  • 法案の条文ミスは、担当者による確認不足が原因
  • 一太郎で作った表をワードにコピーすると、書式が崩れたり、色が変わることはある
  • 法案作成には一太郎の方が使いやすい

※この「対外的にやむを得ない場合」とは何か、意味が分かりにくいなと思いました。

 

コメント

フェイクニュースには、意図的なものもありますが、これはミスによるもののようです。

農林水産省としては、以前から、ワードを使用するように通知をだしていたようですが、このとき、再度同じような通知を出し、また、別に法案ミスの問題があり、その法案ミスの原因が一太郎が原因であるように報道されたようです。

 

企業にいたときは、一太郎の文書は見ませんし、現在の外国商標の仕事をしていても、海外から送ってくるものは間違いなく、ワードファイルかそれで作った文章をPDFにしたものですので、一太郎は見ません。

 

ただ、大学の先生は論文を一太郎で書いておられたように思いますし、企業でも身近なところでは、研究所で特許の明細書を書いている人が一太郎を使っていたように思います。政府の法案作成担当者以外にも、ユーザーはいるのは頷けます。

 

一太郎といえばジャストシステムですが、ジャストシステムのWebサイトを見ても、この問題について、何らコメントをしていないようです。

 

ジャストシステムは、徳島の会社で、夫婦で社長・副社長をされていた浮川和宣・初子夫妻が有名でしたが、現在は退任され、キーエンス筆頭株主となっているようです。

一太郎もありますが、「スマイルゼミ」というタブレットを使った学習サービスが有名なようです。

製品も、ATOK一太郎三四郎、花子だけではなく、いろんな製品があります。

従業員350名弱で、これだけの広範囲な事業ができるんだなあと思いました。

ジャストシステム - Wikipedia

 

ATOK一太郎などの強みがあって、それなりの収益性があるので、他の事業が回っているということでしょうか。

日本にとっては、必要な会社なんだろうと思います。

 

ハラスメント

新しいものが増えている

2021年4月7日の日経に、部下、後輩であっても加害者になる可能性のあるハラスメントについての記事がありました。

無自覚の「テクハラ」、部下でも加害者に: 日本経済新聞 (nikkei.com)

 

ハラスメントの例:パワハラ以外にも、

  • テクハラ/テクノロジー・ハラスメント:IT知識が高い人の不遜な態度。意図的に専門用語で話し続ける行為
  • スモハラ/スモーキング・ハラスメント
  • ラブハラ/ラブ・ハラスメント:恋人がいる人が、恋愛や結婚に関する考えを押し付ける
  • レイハラ/レイシャル・ハラスメント:国籍、人種を殊更に指摘する
  • エイハラ/エイジ・ハラスメント:若い人が中高年に、年齢を理由とした嫌がらせをする
  • アルハラアルコール・ハラスメント
  • マリハラ/マリッジ・ハラスメント:結婚の有無をことさら強調する

 

後輩が、PCの操作ができない先輩に、「こんな簡単な設定で手間取って、よくこれまで仕事をしてきましたね。」はテクハラに。部下が加害者になる場合も

  1. 優越的な関係に基づき
  2. 業務の適正な範囲を超え
  3. 就業環境を害する行為
  • ハラスメントの相談件数は、明確な右肩上がり

というような内容です。

 

コメント

ストレスがあるから、それに対応しようとします。ストレスには、こころ、身体が活性化する面もあるといい、良いストレスと、悪いストレスがあるといいます。

 

しかし、個別労働紛争の相談で、他の相談件数が横ばいや現象傾向なのに、いじめ・嫌がらせといった相談だけが顕著な増加傾向となっているのはどうしてなのでしょうか。

 

昔はハラスメントと認識しなかったものが、現在ではハラスメントと認識され、ハラスメントといわれるものの範囲が広がり、認知件数が拡大したので、相談件数が増加しているということはあると思います。

 

昔はそのようなストレスに耐えていたが、現在ではそれは耐えるべき対象ではなくなったということになります。

 

また、昔よりも社会が複雑化して、ストレスと感じるものが増加しているという可能性もあります。

 

しかし、兵隊となって戦争に行かないといけない、軍隊に入らないといけないというストレスは、強烈だっただろうなと思います。

また、学校でも良い先生もいたとは思いますが、めちゃくちゃ厳しい先生も多かったように思います。

そうなると、現代人のストレス耐性が低下しているという話もありそうです。

 

それはさておき、

上記の記事にあるハラスメントは、昔ながらの考え方と、現在の考え方にギャップがあるのが、大きな理由のように思います。

昔の考えの人に、現在の考え方を理解してもらえば、ギャップが埋まるので、ハラスメントが減りそうです。

先輩が、PCの使い方は分からなくても、別のことを知っており、Give and Takeが成立すれば、後輩もきつい言い方をせずに、ハラスメントにならないのかもしれないですし、先輩も少しでもPCに詳しくなる努力が必要かもしれません。

 

PCを使い始めたのが、1994年ぐらいです。知財部門の所長に研究所の所長が赴任され、Windows3.1からのスタートでした。Windows95でないだけ、早い方なのですが、中学・高校から情報の授業を受けてきたデジタルネイティブには敵いません。

 

そして、最後に、

この記事の面白い点は、テクハラなどは、若い人がハラスメントを起こしているという点です。新歓コンパでの一気飲みの強要なども、若い人がやっていそうです。

この時期は、若い人が書いた記事だろうと思いますが、同世代への注意喚起をしているのが、面白いなと思いました。 

消えたバイヤー

広州交易会

2021年4月16日の日経に、広州交易会の話が出ていました。

新型コロナ: 広州交易会開幕、消えた20万人バイヤー 冷える宿泊飲食: 日本経済新聞 (nikkei.com)

  • 4月15日に広州交易会(中国輸出入商品交易会)が開幕
  • 年二回開催
  • 機械や日用品メーカーが参加
  • 全世界200ヵ国からバイヤーが集まる
  • 通常は、20万人が参加
  • 約3兆2,000億円の仕入れ契約に
  • 今回は、3回目のネット開催
  • オンラインになり、宿泊や飲食業の売上げ減
  • 通常会期の40%減
  • 商品動画は、数十万人の視聴があっても、商談は数件にとどまるなど、対面に比べて効果が低い

コメント

広州交易会は有名です。一度は参加したいと思っていました。

以前は、模倣品が多数展示されており、模倣品対策の先進企業は、広州交易会に調査担当者を派遣して、模倣品のチェックをしていたと聞きます。

その後、広州交易会も、模倣品排除には力を入れているでしょうから、以前のように、すぐ見てわかるような、商標の模倣品が多数があるというのではないのかもしれません。

ただ、意匠模倣や、特許権侵害品などは、あるのだろうと思います。

電機メーカーなどの広報は、CESやIFAに重点を置いていますが、知財担当、商標担当は、広州交易会にこそ行くべきだろうと思います。

 

さて、日経の記事で気になったのは、いかにネットで集客しても、リアルな商談に結びつかないという最後の点です。

どうも、ネットの限界があるようです。

 

広州交易会のサイトを除いてみましたが、立派なサイトです。

China Import and Export Fair (Canton Fair) Official Website

 

まだ、コロナ禍になって1年半であり、あたらな商品、相手方の開拓をしなくても、昔から付き合いのある企業とやっていれば何とかなるので、不確かなネット上の情報だけで商談に至るのは困難ということなんでしょうか。

既に知っているメーカーの、知っている商品なら、スペックを見るだけで、商談ができそうですが、知らないメーカーの商品なら、やはり実際に質感などを、手に取ってチェックしたいと思いますし、

全く、知らないメーカーなら、営業担当者と名刺交換もしたいと思います。

 

ネットだけでやろうとすると、名刺交換のツール、質感まで再現できる4K画像、営業担当者のリアルな声、チャットシステム、アンケート、Webカタログなど、もっと準備すべきものがあるのだろうと思いました。

 

いろいろやると、コストもかかるので、結局リアルな出店と、コスト的にはそう変わらないような気もします。

 

 

 

 

パサパサとサクサク

ビジネス英語の極意

2021年4月1日の朝日新聞に、「ビジネス英語の極意」という特集があり、3名のビジネス英語のプロのお話しが掲載されていました。

 

杉田敏さん

  • ビジネス英語の目的は、英語で雑談ができる力の修得
  • ビジネスで共通に使える専門用語はない。必要な用語は自分で覚えるしかない
  • 仕事のきっかけになるい雑談の力が大切
  • 外国語は恥をかいた回数に比例して上達する

ハロルド・ジョージ・メイさん:前タカラトミー社長、前新日本プロレスリング社長、ハイネケン日本コカ・コーラ勤務経験あり

  • グローバルに活躍できる人材は、イニシアティブ(主導権)をとれて、パッション(情熱)を持って、相手を動かす、自らの言葉を持っている人
  • 日本人はシャイで完璧主義の傾向
  • 間違ってもいいから、まずは、見切り発車するメンタルの強さが大事
  • へりくだらない、対等に。ドライな表現を
  • ビジネス英語を始めるの遅すぎることはない
  • 豊富なボキャブラリーで、しっかり勉強すると、高い知性を感じる武器になる

武田珂代子さん:翻訳通訳研究。大学教授

  • しゃれた言い回しは、それほど必要ではない
  • 分り易い語彙でストレートに表現する方が良い
  • 理解できない点は放置せず確認する
  • ビジネス英語は、敬語や謙譲語など、社会に出て鍛えられるもの。フォーマルな英語よりも難しい

というような内容です。

 

コメント

日曜日に日本テレビのイッテQを見たのですが、イケメンのアメリカ人で、芸人をしているギャビンが出ていました。結構、話題になっています。

イッテQ!新メンバーはイケメン博識米国人ギャビン 初の食レポに涙も…内村困惑「なぜお笑い芸人に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

特に、初の食レポで、美味しそうなモンブランケーキを食べた感想を聞かれ、「サクサク」と言いたかったようなのですが、実際は「パサパサ」と表現してしまい、間違いをディレクターに指摘され、涙を流して反省しているシーンがありました。

 

本人は、「パサパサ」と「サクサク」のニュアンスの違いを、あまり分らずに使ってしまい、今回の食レポというシチュエーションに鑑みて、猛烈に反省したようです。

 

しかし、ギャビンは、ハーフとかではないアメリカ人で、高校の卒業旅行で日本に来て日本が気に入ってそのまま住み続けている人だそうです。26歳とありますから、7~8年は日本に滞在しています。イントネーションなど少しだけに気なるものの、流ちょうな日本語を話していると思います。しかし、それでも、やはり間違いはあります。

 

中途半端な単語の理解力では、やってしまいそうなミスです。我がことのように思いました。

 

杉田先生やメイさんが、「恥をかけ」、「見切り発車しろ」と言っているように、これは避けて通れないとは思います。

一方で、メイさんは、豊富なボキャブラリーで、しっかりと勉強した英語を求めています。

 

ギャビンさんも、モデルのときは、日本語力はそれほど高くなくても良かったのかもしれませんが、お笑い芸人をするなら、相当に高度な日本語力が必要になります。

18歳で来日して、現在26歳という年齢ですが、ギャビンさんの日本語力が今度どのようにアップしていくのか、楽しみです。

 

Brexitで英大学のEUからの学生が急減

4割減。中国からの留学生がEUからと同数に

2021年4月7日の日経に、Brexitの影響で、EU諸国から英国留学生が激減(4割減)し、英大学は中国、インドからの留学生に期待しているという記事がありました。

英大学 揺らぐ求心力: 日本経済新聞 (nikkei.com)

  • Brexitで、EU出身学生への学費や滞在許可証の優遇措置撤廃
  • オックスフィード大学の生物学の授業料は、9250ポンド(約140万円)から3万7510ポンドと4倍に
  • 学生ローンも利用できなくなり、就学ビザの取得が必要に
  • 1月締め切りの秋入学では、前年比4割減
  • 特に東欧諸国からが激減
  • 増えたのは優遇措置の続くアイルランドのみ
  • 2019年ではEU出身学生は、全学生の6%。外国出身者の3割だった
  • 替わりに、英大学は、中国とインドに期待
  • 中国からの留学申請はこの10年で5倍に。今年は25,000人超。EUからと同じ水準に
  • 欧中対立の影響。中国に批判的な研究ができなくなる危惧。中国研究の授業の録音を禁止(オックスフォード大)
  • テクノロジー研究でも、中国との共同研究が多く、2~3割
  • 日本からの入学申請は、570人。在籍者数は2867人。韓国の約半数
  • 学問の自由を守るため、強権国家からのマネーに頼るべきではない

コメント

140万円/年なら、何とかなるのかもしれませんが、560万円/年は、支払えないですね。

 

しかし、中国の英国への留学生は、従来EUからの留学生が享受していた優遇措置などはなかったでしょうから、どこからその費用を捻出していたのでしょうか。親からでしょうか。中国政府の奨学金があったのでしょうか。

 

それにしても、中国からの申請者は多いですね。日本からの留学生の44倍いる計算になります。人口が10倍あることを差し引いても4.4倍です。

ただ、韓国は、人口が半分とすると、約4倍となり、こちらも同じ水準です。

日本だけが落ち込んでいるようです。

 

そういえば、日本政府も「トビタテ!留学JAPAN」などの事業をやっていたと思います。

【文部科学省】トビタテ!留学JAPAN - その経験が、未来の自信。 (mext.go.jp)

昨年からのコロナ禍で、リアルな授業がなくなったりして、留学生は減ってているんでしょうね。

 

記事の最後に、中国からの留学生や研究費に頼るべきではないという指摘がありましたが、日本の大学では、中国からの留学生はどの程度いて、研究費がどの程度流れてきているのでしょうか。

関連する文部科学省の資料がありました。

「外国人留学生在籍状況調査」及び「日本人の海外留学者数」等について (mext.go.jp)

 

大学生だけを比較しておらず、専門学校なども入っていますが、日本に来ているの留学生数は、約28万人で、約12万人が中国からです。他は、ベトナム、ネパール、韓国、台湾と続きますが、アジアが多いようです。

28万人の留学生中、13万5000人が、大学以上の学校です。

正確は数字は不明ですが、どうも英国への留学生以上の数が、中国から日本の大学に来ているようです。

 

また、日本からの留学の人気があるのは、アメリカ、中国、台湾となっています。

中国には、1万4000人程度の留学生が行っているようです。

 

この数からすると、日中の結びつきは、やはり強いなという気がします。

米国か中国か、二者択一は難しそうです。

 

EUと英語

Brexit公用語の扱いがどうなるか

2021年4月14日の日経(夕刊)で、英国がEUから離脱後、EUで英語をどのように取り扱いかの議論が紹介されていました。

英離脱後の「英語」が議論に: 日本経済新聞 (nikkei.com)

  • 現在、EU公用語は24か国語
  • 英語を公用語とする国は、アイルランドとマルタだが、アイルランド語とマルタ語をEU公用語として指定しており、英語を指定する国はなくなった
  • そのため、英語がEU公用語から実務言語に格下げの観測
  • EUは即座に否定
  • 英語が公用語で残る。全会一致が必要で、アイルランドが反対すすると予想される
  • 記者会見では、英語とフランス語の併用。記者はいずれかの言語で質問し、報道官は質問された言語で回答
  • 実務会議は英語。細かいやりとりに通訳を入れると時間がかかる
  • 以前はラテン語。17世紀以降、フランス語が主流だった。1973年の英国加入、EUの東方拡大で英語が主流に
  • フランスは英語支配打破。フランス語の復権のシナリオも現実味

とあります。

 

コメント

離脱した英国の言語を公用語に使わないといけないのは、どうかなという気はします。

 

フランスは、フランス語を守ることで有名(英語からくる外来語をできるだけ使わないようにする)です。

1994年ジャック・トゥーボン文化相の主導により、フランス語を言語として正確に保存する見地から「ツーボン法」(Loi Toubon英語: Toubon law)と呼ばれる関連諸法制が制定された。ツーボン法により、外来語(特に英語)の使用について、例えば広告における外国語文章の仏語訳や、ラジオ放送における歌詞付き楽曲の4割をフランス語の歌とするなど、一定の制限が課せられることになった。

 フランスの言語政策 - Wikipedia

 

フランス語自体は、英語に次ぐ世界で2番目に多く話されている言語だそうです。英語は80ヵ国・地域の公用語で、フランス語は29ヵ国・地域の公用語だそうです。

フランス、スイス、ベルギー、カナダのほか、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国が代表的ですが、アメリカのルイジアナ州などでも話されているようです。

フランス語 - Wikipedia

 

コモンウェルスのような、フランコフォニー国際機関というもののあり、フランス語が連結素になっています。

フランコフォニー国際機関 - Wikipedia

 

また、上で紹介した日経にありますが、1973年の英国のEC加盟までは、ECの公用語は仏独伊オランダ語とあり、独伊語は、第二次大戦の敗戦で力は強くなく、フランス語が主流だったようです。

そう考えると、今後、フランス語が重要になってくる可能性はあります。

 

一方、欧州では、言語の多様性がヨーロッパ地方言語・少数言語憲章で推進されています。国際的な潮流は、各国に存在する少数言語を大切にする流れです。

ヨーロッパ地方言語・少数言語憲章 - Wikipedia

 

フランス国内にも、少数言語が相当あるのですが、

フランスの言語政策 - Wikipedia

フランスでは、右派を中心に、言語で国民国家アイデンティティを確立しようといういう流れがあり、このヨーロッパ地方言語・少数言語憲章の署名を拒絶しているそうです。

 

一方の国際舞台では、フランス語が英語に代替することは当面なさそうい思いますが、EUをはじめとして、国際舞台で勢力を回復する可能性はでてきたというところでしょうか。

 

Rights(その8)

事例19~20、知財マッチング

こちらで、「Rights」の最後です。

知的財産を経営に生かす知財活用事例集「Rights」について | 経済産業省 特許庁 (jpo.go.jp)

all.pdf (jpo.go.jp)

 

19 ハイスキー食品工業株式会社:コンニャクの製造販売(香川県

ラムネなどの飲料の製造が30年。つぎに、コンニャクの製造が30年。香川県にも、スーパーなどが進出し、これまで値引きが必要なったコンニャク業界にも、価格競争の波。

 

付加価値をつけないと、全国での商売ができない。

大手食品メーカーは、知的財産を活用して、ブランド力や販売力を高めている。

全国の量販店やコンビニに売り込むには知的財産権が必要

大手からの技術導入では、委託加工メーカーにとどまる。

 

20 株式会社ジ―アイシー:建設コンサル、システム開発

もともとは建設コンサルだら、公共事業の減少によって、システム開発へ。

鳥取県の依頼で、「動物感知センサー」を開発。

病院から入院患者の見守りシステムの開発を打診される。

「センサーによる人の見守り技術」はなく、自前の技術だけでは対応が困難だった。

 

鳥取県知財ビジネスマッチング会に参加。富士通の「センサーによる人の見守り技術」が公開されていた。

富士通と契約、さらに、必要なパートナー30社を加えて、製品化。

外部プロダクトデザイナー、商標(Mittell)も対応。

富士通の公開された特許があるので、技術情報の流出を気にすることもなく、また、パートナーの協力が獲得しやすかった。権利を先にもっているとは、こういうことかと思った。

 

鳥取県知的所有権センター長の山本明良弁理士

知的財産ビジネスプロデューサーとして、ジーアイシーの案件をサポート。マッチング、ライセンスだけではなく、金型の手配まで相談にのる。

 

コメント

特許、意匠、商標といった知財を持つ意味が、独占排他権、模倣品排除という単純なものだけではないという事例です。

 

ハイスキー食品工業の事例では、全国に商売を広げるためには、知財が必要であることを示しています。

地域の企業から、全国の企業になるに、知財はパスポートになります。

営業に、商標や意匠だけではなく、特許が使えるという例ですね。

 

また、富士通のこの技術は、事業性の問題で休眠状態にあったようですが、アイディアだけの発明ではなく、事業を目的に開発がされてたものであったので、有効に使えたようです。

休眠特許は、わけがあって休眠になっており、通常は何らかの障害があるのでしょうが、大企業の方針で事業が打ち切られたときなどは、使える特許が埋もれてしまうことがあり、このように成功した事例もあるんだなと分りました。

 

米国やイスラエルなど、中小企業が高度なことをやっています。当然、特許弁護士の活躍もありますが、中小企業のインハウスの知財力が相当高いような気がします(インハウスの弁理士、弁護士の出番です)。

最近は、大企業のインハウスの知財力は相当高くなりましたが、中小企業が商標だけではなく、特許や意匠に目覚めると、この国が変わるような気がしました。

 

経産省特許庁が中小企業支援をやっていますが、資金面の援助よりは、知的財産総合アドバイザーのようなを通じて、中小企業の知財力を強化するように支援することは、重要なことだなと思いました。

 

これで、「Rights」の紹介は終わりです。紙面の都合もあるのでしょうが、もう少し、深く聞きたいなと思うものがありました。結構面白いので、「Rights」はシリーズ化したら良いなと思いました。